【知らないと損をする】戒名を相場の10分の1以下でつける方法

編集長「こまど」
こんにちは。「葬送情報局」編集長のこまどです。

あなたは「戒名の値段はいくらだと思う?」と尋ねられたらパッと答えることができるでしょうか。

中には「うちのおじいちゃんの時は〇〇万円だったよ」と実際に支払った戒名の値段をご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

では「戒名のランクは何があるか分かる?」という質問はどうでしょうか。

そもそも戒名にランクがあることも知らなかったという人が大半ではないかと思います。

戒名料金はお布施としてお寺に支払います。

お布施はいわゆる「お気持ち料金」ですので明確な値段はありません

明確な値段はありませんが値段の相場」が存在します

さらに戒名にはランクがあり、ランクによって相場は変わります。

高いものだと相場は100万円以上になります。

戒名のことを何も知らなくても日常生活では一切困らないと言って差し支えないでしょう。

しかし、知らないといざという時に無駄な費用が掛かり大損してしまうのが戒名です

編集長「こまど」
今回はそんな戒名の相場とお得に戒名をつけてもらう方法について解説します。

この記事を読んでいざという時には相場の10分の1以下の値段で戒名をつけてもらいましょう

  • 戒名(法名・法号)のランクと相場価格
  • 戒名(法名・法号)を相場の10分の1以下の値段でお得につけてもらう方法

編集長「こまど」の実績

  • 年間10,000件以上の葬送サービスのご相談を対応
  • 年間3,000件以上のお坊さん(僧侶)の派遣実績

戒名(法名・法号)のランクと相場

まずは戒名(法名・法号)のランクと相場を見ていきましょう。

下記は各宗派ごとの戒名のランクと相場値段表です。

がついているのがその宗派で使われる戒名になります。

例えば天台宗では「信士・信女」「居士・大姉」「院居士・院大姉」が使われます。

「信士・信女」のように「・」の上が男性用、下が女性用の戒名になります。

この表を見てもらうと分かる通り、一番ランクが低い「信士・信女」でも値段相場は20万円~30万円、「居士・大姉」では50万円~80万円、「院居士・院大姉」ではなんと100万円以上となっています。

戒名のランクと相場の一覧表

これだけは避けよう!戒名で大損してしまうケースとは

写真が財布から飛んでいくイラスト

戒名をお得につけてもらう方法を解説する前に、多くの方が陥る損をする戒名授与のケースについてお伝えしておきます。

あなたもこのケースに陥らないように充分ご注意ください。

大損してしまうケース1.葬儀社にお坊さんの手配も任せてしまう

戒名で大損してしまうケースで最も多いのがこのケースです。

葬儀社と葬儀の打ち合わせをしている中で「菩提寺はいらっしゃいますか?」と必ず尋ねられます。

あなたやご実家がどこのお寺の檀家にもなっておらず菩提寺がいない場合、葬儀社がお坊さんを手配してくれることが多いのですがここが要注意ポイントです。

葬儀社がお坊さんを手配した場合、お布施が高額になりがちです。

葬儀のお布施で数十万円、そして戒名のお布施でさらに数十万円を包まなくてはいけないこともザラです。

勘の良い方はもうお分かりかと思いますが、戒名で大損しないためには、菩提寺がいない場合でも葬儀社にお坊さんの手配を任せずに、ご自身でお坊さんを手配しましょう。

とはいえ菩提寺がいなければ頼めるお坊さんの知り合いもいないですよね。

そんな時はお坊さん派遣(僧侶派遣)サービスを利用するのがオススメです。

葬儀のお布施も戒名の値段も非常にリーズナブルになっています。

詳しくは後述しますが、葬儀社には菩提寺がいない場合でもひとまず「お坊さんは自分たちで手配します」と伝えましょう。

大損してしまうケース2.菩提寺に断りなく別のお寺に戒名をつけてもらう

前提として菩提寺に戒名をつけてもらう場合には、相場程度の値段が掛かるものだとご理解ください。

編集長「こまど」
「それなら他の戒名を安くつけてくれるお寺に頼んだ方がいいじゃないか」と思いますよね。

でも実はそうではないんです。

菩提寺がいるにも関わらず、菩提寺に断りなく他のお寺に戒名をつけてもらってしまうと…大損してしまうトラブルに発展する可能性が非常に高いのです。

他のお寺に戒名をつけてもらったことが菩提寺の耳に入ると、

  • 葬儀に出てくれない
  • 菩提寺のお墓に故人様を納骨させてくれない

といったトラブルに実際に発展してしまったという話を聞きました。

そしてこの事態を解消するには「菩提寺に戒名をつけ直してもらう」しかありません。

ということは、先に戒名をつけてくれたお坊さんに支払った戒名代に加え、菩提寺にも戒名代を支払うことになります。

つまり、戒名代が二重に掛かるため大損してしまうというカラクリです。

菩提寺がいる方は必ず菩提寺に戒名をつけてもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

戒名(法名・法号)を相場の10分の1以下の値段でお得につけてもらう方法

財布をもって笑顔の女性

さてそれでは本題の「戒名(法名・法号)をお得につけてもらう方法」について解説します。

方法1.生前に戒名(法名・法号)をつけてもらおう!

戒名をお得につけてもらう方法の1つ目が、生前に戒名をつけてもらう方法です。

戒名は葬儀の時につけてもらうものだと思われがちですが、実は本来生前につけてもらうのが正しい戒名授与のタイミングです。

なぜ生前に戒名をつけてもらうと安くなるのでしょうか。

1つの理由として、葬儀で戒名をつける時にはお坊さんも時間が無い中で戒名を考え、白木位牌に戒名を書いて…という手間賃があるでしょう。

生前に戒名をつける場合はお坊さんも時間的に余裕があり、他の仕事の合間で戒名をつけることができるので、その分戒名の値段が安くなる傾向にあるようです。

もう1つが「生前に戒名をつける=檀家になる」という場合がほとんどという理由があげられるでしょう。

生前にその方に檀家になってもらい、長いお付き合いをするために葬儀で戒名をつけるよりも戒名の値段が安くなる傾向にあるようです。

方法2.お坊さん派遣(僧侶派遣)サービスを利用しよう!

生前に戒名をつけてもらうのはちょっと…という方や、檀家にはなりたくない方へオススメしたいのがこちらの方法です。

あなたは「お坊さん派遣(僧侶派遣)サービス」をご存じでしょうか。

これは菩提寺がいない方のために、葬儀や法事・法要にリーズナブルにお坊さんを派遣してくれるサービスです。

このサービスの良いところは

  • お布施がリーズナブル
  • 檀家になる必要がない

という点なのですが、それだけでなく実はお坊さんの派遣だけでなく戒名授与だけのサービスもリーズナブルに提供してくれます

もちろん、葬儀と戒名授与をセットで依頼することも可能です。

葬儀のお布施も相場よりかなり安いのでセットで依頼しても葬儀社にお坊さんを手配してもらうよりもずっとお得です。

参考までに大手のお坊さん派遣会社の戒名授与の料金を掲載します。

よりそうお坊さん便の戒名授与料金表

よりそうお坊さん便のLPのスクリーンショット
出展:よりそうお坊さん便

株式会社よりそうが運営する「よりそうお坊さん便」は戒名授与が2万円~となっています。

「信士・信女」の相場が20万円~30万円なのでお坊さん便に依頼すれば戒名を相場の10分の1以下でつけてもらえます

法事・法要のお坊さん派遣(僧侶派遣)は初回3.5万円、2回目以降4.5万円。

そして葬儀のお坊さん派遣(僧侶派遣)が3.5万円~(葬儀の内容によって変動)となっています。

葬儀と戒名授与をセットで依頼する場合は5.5万円~となります。

葬儀社にお坊さんを手配してもらうと少なく見積もっても数十万円のお布施が掛かることを考えると非常にお得ですね。

よりそうお坊さん便の戒名授与料金表

てらくるの戒名授与料金表

てらくるのホームページスクリーンショット
出展:てらくる

株式会社ユニクエストが運営する「てらくる」の戒名授与の値段はよりそうお坊さん便と同じです。

ただし、お葬式のお坊さん派遣(僧侶派遣)料金が6万円~となっているため、葬儀と戒名授与をセットで依頼する場合はよりそうお坊さん便の方が少しお得です。

法事・法要のお坊さん派遣(僧侶派遣)料金は5万円となっていますので、こちらもよりそうお坊さん便の方がお得です。

てらくるの戒名授与料金表

お坊さんjpの戒名授与料金表

お坊さんjpのスクリーンショット
出展:お坊さんjp

株式会社プロが運営する「お坊さんjp」は居士・大姉以上の戒名授与の値段がよりそうお坊さん便・てらくるよりも若干安いです。

ただし、院釋・院釋尼の値段は「ご相談」となっているので値段が不明です。

お坊さんjpの戒名授与料金表

以上、3社の戒名授与料金を紹介しました。

どの会社も相場の10分の1の値段で戒名(法名・法号)をつけてもらえますが、実はもう1つ一番お得につけてもらえるところがあります

下記で紹介しますのでぜひ引き続きご覧ください。

これが一番お得!全ランクの戒名(法名・法号)が一律3万円でつけてもらえる方法

私が知る中で一番お得に戒名(法名・法号)をつけてもらえる方法をご紹介します。

それが「戒名と法要のかけこみ寺『本寿院』」さんで戒名をつけてもらう方法です。

本寿院さんの戒名(法名・法号)授与料金表を載せますのでご覧ください。

きっと驚かれると思います。

本寿院の戒名授与料金表

いかがでしょうか。

ビックリしました?

そうです。本寿院さんは全ての戒名が一律3万円でつけてもらえるのです。

本寿院スクリーンショット
出展:戒名と法要のかけこみ寺『本寿院』

”どのランクも”ということは相場が50万円~80万円の「居士・大姉・院信士・院大姉」でも3万円

相場が100万円以上の「院居士・院大姉・院釋・院釋尼」も3万円です。

編集長「こまど」
相場の10分の1以下どころの話ではないですね。

本寿院のご住職の「戒名の値段に対する考え」は下記の動画で話されています。

「戒名は高い安いではない」と明言されています。

また、本寿院さんは菩提寺の無い方に戒名授与をすることを他のお坊さん派遣(僧侶派遣)会社よりも先駆けて行っていたお寺です。

本寿院のご住職が下記の動画の中でこのように言っています。

ネットを見ると色々なサイトで戒名お授けしますと言っていますね。

私が始めた頃はそんなのは1つも無かった。

最近は「戒名を2万円からお授けしますよ」や「院号だと十何万ですよ」と色々な会社さんが言っています。

でも良く見ていただくと、実際に住職が顔を出してお寺の名前をだしてやっているところは1つも無いんですね。

確かにその通りです。

前述で紹介した大手派遣会社ではどんなお寺が戒名をつけてくれるのかは分かりませんよね。

元業界人としての感想を述べさせていただくと、「戒名つけれますよ」というお坊さんはたくさんいます。

実際にそういうお坊さんに葬儀で戒名をつけてもらうのですが、それがお寺を持っていないいわゆるフリーランスのようなお坊さんであることもあったりしました。

また、きちんとお寺を持っているご住職に対応してもらうことも当然ありましたが、「他の檀家さんの手前この金額で戒名授与をしたことは口外しないでもらいたい」と言われたこともあります。

そうなると、せっかく戒名をつけてもらったのになんだか後ろめたい気持ちになってしまいますよね

その点、本寿院さんのように大っぴらにされていると気持ちが良いですね。

ただ1点、不満があるとすれば「ホームページが分かりにくい」ということです。

いざ戒名授与を申し込もうと思っても申込フォームがどこにあるか分かりにくいです。

もしあなたが本寿院さんの申込フォームをなかなか見つけられないという場合には、下記にリンクを貼っておくのでよければご利用ください。

本寿院さん戒名(法名・法号)授与申込フォームはこちら

ちなみに、本寿院さんで生前に戒名をつけてもらっていてもお坊さん派遣(僧侶派遣)サービスは利用できます

「よりそうお坊さん便」だと既に戒名を持っている場合は葬儀のお布施から戒名授与代を値引きしてもらえるのでお得です。

「てらくる」は戒名授与が不要でも値引きはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

戒名にはランクがいくつもあること、相場がとても高いことに驚かれたかと思います。

私も業界に入るまで知らなかったので、初めてこの話を聞いたときは「噓でしょ!?」と耳を疑いました。

でも事実この相場で戒名をつけてもらっている方は大勢いるのです。

この記事をお読みいただいたあなたは、戒名で損をすることはなくなることでしょう。

特に生前に戒名をつけてもらっておけば、多忙な葬儀の準備の中で知らず知らずに高額な戒名代を請求されるという事態を防ぐことができます

編集長「こまど」
最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事は役に立ちましたか?

お坊さん派遣が35,000円!
\メディアで話題のお坊さん便/

おぼうさん便

スポンサードリンク
戒名の値段相場とお得に戒名をつけてもらう方法を徹底解説|戒名にランクがあるって本当?のアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!